Square(スクエア)とアフィリエイトで提携できるASP

決済

アフィリエイト提携

Squareと提携する方法をお探しでしょうか。

Squareは何かというとPOSやクレジットカード決済などを中心に、日本全国の店舗にスマートな支払いサービスですね。皆さんもちらっと聞いたことはあるかもしれません。

関連するジャンルのサイトをお持ちの方は一度取り上げて見てもいいのではないでしょうか。

確かに読者次第のところもあって、Squareと提携したからって報酬が発生するわけではありません。でもあくまで主観ですが可能性はありそうな気がするんですよね。というわけで成果が発生する商品かどうか試す意味も含めて、一度試してみる価値はあるかと思います。ぜひあなたの実力で上位表示させてみてください。まずはお試しがてら提携してサイトで紹介してみてはいかがでしょうか。

電子マネー決済導入のメリット

電子マネー決済導入のメリット

ネットショップにおいて電子マネー決済を導入するメリットを挙げてみましょう。

クレジットカードを持たない層も気軽に決済できる

電子マネーの多くはカードに現金をチャージして利用することができるため審査がなく、幅広い層が保有しています。そのためクレジットカードを持つことができない若年層や、インターネットでカード番号などの個人情報を入力することに抵抗がある層へ購入機会を与えることができます。

クレジットカードを普段使用しない層にとっては、銀行・郵便局口座振込やコンビニ決済が利用できますが、電子マネー決済はその場で決済が完了する手軽さからコンビニやATMへ支払いに行く必要がなく利便性が非常に高いと言えます。電子マネーを提供している各社の設定によっては、クレジットカードのようにポイントを溜める事ができる点も人気の決済手段である理由の一つです。

未回収リスクを負わない

その場で決済が完了する即時決済であるために、未払いのリスクを最小限に抑えることができます。入金管理や督促などに掛かる工数削減が可能です。利用者にとっても、カードにチャージしている金額の範囲での買い物になるため安心して決済することが可能です。(「電子マネー決済導入のメリットとは」より)

ブログで紹介するほど魅力があるか

アフィリエイト成功

ひと手間かけてASPに登録し、商品名を紹介した方がいいかについては、貴サイトの方向性にもよる、というのが一般的な考えかと思います。ぶっちゃけやってみないと誰にもわからないのも事実ですからね。

さらにいえば、実際に売れている実績があるかも調べるべきでしょう。見れないとこもあるもののEPCなどで発生しているかどうかを知ることも出来ます。この数字を見るだけでもASPに登録する価値はあると思っています。

もしもアフィリエイトとは?簡単に解説

もしもアフィリエイトはASP大手の中では比較的後発のようですが、なかなかユニークなASPです。同じ報酬設定でももしもアフィリエイトで成約すると+10%のボーナス報酬がつくのでお得です。

審査が厳しくてうっとおしいASPもあるなかもしもアフィリエイトはサイトの審査はそこまで厳しくないので登録しやすいです。おすすめですよ。

もしもアフィリエイトに登録する方法

提携

詳しい説明が必要でしょうかその場合は、こちらからどうぞ。

もしもアフィリエイトに登録するにはメールアドレスが必要ですので事前に用意しておきましょう。

以下にもしもアフィリエイトへの登録と、サイトの追加、アフィリエイトリンクの取得など基本的な説明を書いていきます。

もしもアフィリエイトのトップページから登録

もしもアフィリエイトのトップページから登録

 

まずはこちらからページに飛んでください。

メールアドレスを登録

メールアドレスを登録

 

メールアドレスに仮登録の案内が来ます。リンクをクリックして完了させましょう。

本登録

本登録

 

最後に本登録となります。

以上でもしもアフィリエイトへの登録は完了です。

副サイトの登録

副サイトの登録

 

このようにサイト追加をクリックするとサイトを追加することができます。本サイトを1つ登録後は副サイトの登録となります。

サイト名とサイトURLだけなのですぐですね。

楽天とロリポップサーバーにチェックがついていますが、絶対提携しなければならないわけではありません。

サイトのガイドラインにチェックを付けるようになっていますが、普通は大丈夫なのですべてチェックしておきましょう。違反するコンテンツを作らないことですね。

アフィリエイトリンクの取得方法

アフィリエイトリンクの取得方法

 

ここにあるソースを貼るだけですね。バナーかテキストかを選びましょう。

以上になります。提携方法についてわかりやすく説明できていたでしょうか。もしそうなら、いいなと思います。

他の記事も見てみたい場合は関連するテーマについても詳しく触れてきますので覚えていたらまた暇な時でも来てください。この商品(サービス)以外について書いた記事を読みたい場合は、カテゴリやタグなどから探すとすぐ見つかるかと思います。

Follow me!