ドクターマーチン・エアウエア ジャパン公式通販とアフィリエイトで提携できるASP

ショップ

アフィリエイト提携

アフィリエイト提携即日にお越しいただきありがとうございます。

ASPで提携しないとブログで紹介できないのがアフィリエイトでは一般的です。たまに自社ASPのような場合もありますけどね。さてドクターマーチン・エアウエア ジャパン公式通販との提携するならとりあえずASPへの登録から。

ドクターマーチン・エアウエア ジャパン公式通販は何かというとレザーアッパーと空気の層が組み込まれた足に負担が少ないアウトソールが特徴であり、トレードマークの黄色いステッチで底付されるデザインが魅力のブーツですね。皆さんもちらっと聞いたことはあるかもしれません。

ワークブーツについてのブログを書いているならやはり試しにリンクを貼ってみた方がいいいでしょうね。

私と同じ意見かはわかりませんが、ドクターマーチン・エアウエア ジャパン公式通販は主観ですが売れそうって感じもしますね。可能性もありそうなので、ブログで1記事紹介してみてしばらく様子を見るのもいいかもしれません。

あなたの得意なキーワードかわかりませんが、提携してみてはいかがでしょうか。

ASPはこちらです。

ドクターマーチン・エアウエア ジャパン公式通販を知るための基本的事項

ドクターマーチンは、独自のスタイルを持ちながら、お互いにそのスピリットでつながっている人たちにアピールしてきました。自信を持って自己表現をするような人たち、誰とも違う人たちです。

彼らはそのシンプルなシルエットのブーツやシューズを自分らしく履きこなし、独自のスタイルを築いていきました。 耐久性があり履きやすいブーツ、シューズは、ライブシーンやストリートファッションにも取り入れられ、そしてドクターマーチンはそのアティチュードを象徴するシンボルになったのです。

しかし、最初からこのブランドにこうした要素が備わっていたわけではありませんでした。元を辿れば、ドクターマーチンはワークブーツであり、ガーデニングシューズとして売られていたことさえありました。どのようにこの実用的シューズが、カルチャーシーンに取り入れられるブランドになったのでしょうか?それはとてもユニークで興味深いストーリーです。

ドクターマーチン・エアウエア ジャパン公式通販を見過ごしてはならない理由

ASPとの提携は面倒といってもそこまでめんどくさがる必要はないんじゃないでしょうか。例えばアフィリエイト提携即日の読者さんの営業(ライティング)テクニックや内容にもよるはずです。

評価が上がってくる可能性もスルーは出来ないです。ランクが上がってくるとみんながおすすめしている商材を見ることも出来たりもます。

ASPに登録することでわかる部分もありますしね。

アクセストレードとは?簡単に解説

アクセストレードは株式会社インタースペース(Interspace Co.,Ltd)が運営するASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)です。

どんなところがオリジナルかというと、独自案件も多いんですが、美容系や金融系に強いところですかね。あとはアプリ系も強いと言われていますね。

ただ商品の成約率などの情報は少なく初心者にはちょっと厳しいイメージがありますね。

特に美容系をやる方は登録しておくべきASPかなと思います。

アクセストレードの登録方法

アフィリエイト提携

まずはアクセストレードの登録ページに行きましょう。

利用者情報入力

アクセストレード1

一部省略します。埋めるべきところを埋めて「サイト情報入力へ進む」をクリックします。

アクセストレードの登録2

サイト情報の入力

アクセストレードの登録3

タイトルなどを入力して登録しましょう。

申請・審査

アクセストレードの登録4

登録・申請が終わると審査となります。あまりにも内容のないサイトだと却下されるかもしれません。基準はわからないのである程度しあげてから申請しましょう。

副サイトの登録

アクセストレードの副サイト登録

副サイトを登録します。主サイトは原則初回登録時のものです。

副サイトを登録することで様々なサイトにアフィリエイトリンクを貼れるようになります。

次に、アフィリエイトリンクの貼り方も説明しておきますね。

アフィリエイトリンクの取得方法

アクセストレードのアフィリエイトリンク

アクセストレードで提携を済ませるとこのようにリンクコードを取得できます。あとはSSLや非SSLなどの種類を選んでコピー&ペーストするだけです。

以上になります。

登録はこちら

以上になります。提携方法についてわかりやすく説明できていたでしょうか。もしそうなら、いいなと思います。

他の記事も見てみたい場合は関連するテーマについても詳しく触れてきますので覚えていたらまた暇な時でも来てください。この商品(サービス)以外について書いた記事を読みたい場合は、カテゴリやタグなどから探すとすぐ見つかるかと思います。

Follow me!